作品の感想

「マイ・インターン」の感想。ハートフルコメディ好きにオススメ

人間関係に疲れてしまった方、仕事で疲れてしまった方、何かで心を温かくしたい方、是非是非見て欲しいです。
何か仕事や目標をもって、さらに上へ上へと目指してる人への応援映画にもにもなっています。年齢、性別問いません!何か新しいものを見つけてみたい、やってみたい、けどなかなか勇気が出ず、最初の一歩が踏み出せない方にもオススメの映画になっています。ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの可愛い掛け合いにも心が温まります。

作品情報

出演: ロバート・デ・ニーロ, アン・ハサウェイ, レネ・ルッソ, アンダーズ・ホーム, クリスティーナ・シェラー
監督: ナンシー・マイヤーズ

ストーリー&見どころ

わたしを救ってくれたのは、40歳年上の“新人(インターン)”
舞台はニューヨーク。
華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。
そんな彼女の部下に会社の福祉事業として、シニア・インターンのベンが雇われる。
最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールスだが、
やがて彼の心のこもった仕事ぶりと的確な助言を頼りにするようになる。
そんな時、ジュールスは仕事とプライベートの両方で思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られる──。

アマゾンより

「マイ・インターン」のネタバレなしの感想

とにかく、胸が熱くなります。決して恋愛映画ではないので、恋愛要素で胸が熱くなるわけではないのですが、そこがいいのです。いろいろな想いでキュンとしてジンとします。
後はキャストのチョイスが最高です。70歳の新人インターン演じるロバート・デ・ニーロとその上司となる若きファッション通販サイトの社長演じるアン・ハサウェイの、この異色な二人のやり取りが可愛いのです!後は、やはり今現代を表している映画ですね。PCを使ってのインターネットでのファッション通販や、フェイスブックの一連。そしてやり取りはスマートフォン。そこに加わるレトロなインターン。みんながいろいろな想いを抱え、前へ前へと進む姿を見ると自然に自分も頑張ろう!と思わせてくれる映画です。




※ここからはネタバレありの感想になります。まだ見ていない人でネタバレはちょっと困るって方は見ないようにしてください。



「マイ・インターン」のネタバレありの感想

アン・ハサウェイ演じるジュールズとロバート・デ・ニーロ演じるベンがフェイスブックで繋がるシーン。
二人でピザを食べビールを飲み、友達のように話をしているうちにここの会社がベンが元々働いていた場所だと知るのです。そしてジュールズはベンに心を開き始め最終的には完全に頼りにします。ベンはいつもさりげなく彼女や同僚達を支えるのです。

後は、ジュールズと彼女の夫が二人の関係をやり直そうと、会議室で話すと場面が印象的です。あんな可愛い子供とこんな美人な妻がいるのにこの男は!!と思ってしまいましたが、このシーンはそれでもグッとくるシーンです。頑張れ!頑張れ!と思って見ました。

後は、ジュールズが母親に誤送信したメールをどうやってでも消したいというところから、彼女の部下3人とベンで彼女の母親の家に侵入するシーンです。ここはコメディ映画ならではの、面白いシーンです。ハラハラもあり、笑いもあり。急げ急げ!と一緒にドキドキしました。後はベンが歳の離れた同僚たちから慕われていくのもいいですね。

この映画のいいところは誰も悪い人がいないところかな、と思います。そしてジュールズ含め、みんながベンを慕い頼って人と人を繋いでゆく、こんなチャーミングな人達と私も仕事がしたいです。

見終わった後は明日も頑張ろう!と思いました。