作品の感想

「マスカレードホテル」の感想。豪華キャストが素晴らしい!

新年になり気持ちもリフレッシュされたこの時期にふさわしい映画です。昨年までのストレスを捨てて、新鮮な空気に胸を満たしたいと思われている方にぴったりです。一流ホテルの非日常の素敵な世界観に包まれて、映画館を出るときは良い気分になっている事まちがいなしです!また、だれが犯人か推理するのも楽しみもあります。単純なストーリーではないので、犯人を当てられる人はいないか、いたとしても極わずかだと思います。ですので、推理がお好きな方にもオススメです。

作品情報

出演: 木村拓哉, 長澤まさみ

監督: 鈴木雅之

ストーリー&見どころ

都内で起こった3件の殺人事件。
すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。
しかし犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。
そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。
次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから、利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。
お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。
そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。
果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは・・・。

アマゾンより

「マスカレードホテル」のネタバレなしの感想

主役級の俳優が次々に登場して、それぞれが物語を繰り広げて行きます。ひとつの物語だけでテレビドラマが成り立つのでは、と思うくらい内容が充実してます。一流ホテルが舞台なので、画面がキラキラとして華やか!もちろん主役の木村拓哉と長澤まさみも美しい!全編とおして他の映画では感じることのできないゴージャス感が味わえます。もちろん犯人捜しも楽しめます。私を含めいっしょに見た友達は全く予想できなかった人が真犯人でした。わかってみれば映画の中に伏線があったのですけれど。。。全く気づけませんでした。サスペンス映画を見た時のようなドキドキ感も味わうことができました。余談ですが、さんまさんがちょっぴり出演しています。それを見つけられたのもおもしろかったです。




※ここからはネタバレありの感想になります。まだ見ていない人でネタバレはちょっと困るって方は見ないようにしてください。



「マスカレードホテル」のネタバレありの感想

番宣やCMでよく見た木村拓哉が「最悪だ」というシーンの時は、ここだったのね~(笑)と思いました。潜入捜査前はぼさぼさの髪だった木村さんが厳しい指導を受けて、ホテルマンになる為に急にパリっとした短髪にした場面だったので心に残りました。鮮やかな変身でした!それから、最後の方の長澤まさみと犯人が接触するシーン、これはすごい緊張感でした。何をされるのだろうという恐怖が見ている側にも伝わり、心が震えました。長澤まさみと犯人、共にすごい演技力だったと思います。犯人の役者さんの見事な変装ぶりにも拍手です。それからすべて解決してエピローグのシーンも印象的でした。全編とおしてホテルのスタッフとして地味目のキチンとしたスーツ姿だった長澤まさみが、鮮やかな赤いドレスを着て登場。華やかな笑顔で美しさが際立っていました。木村拓哉も正装した姿で二人でキラキラしたマスカレードホテルの舞踏会へ。ゴージャス感が一気に盛り上がりました。いい気分で最後まで見て、映画館を出る時は面白いものを見られたなという満足感でいっぱいでした。老若男女どなたが見ても良い映画だと思います。木村拓哉ファン以外の友達にも安心して勧められると思いました。