動画配信(VOD)情報

動画配信サービス(VOD)の画質の違いとは?

動画配信サービス(VOD)の画質についての記事です。

動画配信サービス(VOD)を利用していたら色んな画質を表す言葉が出てきてどれが良いのか分からないってことないですか?そもそも、色んな画質があるけど良い画質だけあればいいんじゃないの?なんて思いませんか。

この記事では、

  • SD、HD、4Kとかってどう違うの?
  • 高画質にもデメリットはあるのか?
  • 同じHDでもVODによって画質が違うのはなぜ?

こんな悩みを持っている方に読んでもらいたい記事となっています。

画質の違いについて

SD、HD、4Kなど画質を表す言葉が多くあってどれが良いのか分かりにくいですよね。そこで、画質を表す言葉とDVD、Blu-rayと比較してどれくらいなのかを表にしてみました。

画質 画素数
SD 480p 720×480 DVDくらい
HD 720p 1280×720
フルHD 1080p 1920×1080 Blu-rayくらい
4K 2160p 3840×2160 4096×22160
8K 4320p 7680×4320

SDが低画質で、8Kが高画質になります。画素数の数字が大きければ大きいほど、映像がキレイになります。

専門的な言葉で話すと分かりにくくなるのでイメージとして説明すると、
高画質と言われるものほど同じ面積に大量に色の粒がある感じです。あるいは、色の粒の密度が濃い感じです。

端末ごとに適した画質は?

スマホやテレビと言った視聴端末によって適した画質が違ってきます。簡単に言うと画面が小さければ小さいほど画質の影響は受けにくくなります。なので、スマホのように小さい画面で観るのならSD、HDくらいで十分です。テレビで見るならフルHD以上がおすすめです。

 

高画質のデメリット

キレイな映像が楽しめる高画質な映像は魅力的です。ただ、だからと言ってデメリットがないわけではありません。私が考える高画質のデメリットについて紹介します。

環境によって動きがカクカクする

基本的には動画配信サービス(VOD)はストリーミング配信なのでインターネットに接続しながら動画を楽しみます。そのため通信状態が不安定だったり、通信速度が遅かったりすると、動画がチョコチョコ止まったり、カクカクした動きになります。高画質であればあるほど起きやすくなります。

データ通信量を食う

画質が良いとその分データ通信量を食ってしまいます。Wi-Fi環境でない所で、スマホなどで高画質なのものを選んでみていると一気に通信量を超えて制限がかかるので注意しましょう。

高画質のデメリット対策

高画質にはデメリットがあることをお伝えしましたが、それに対しての対策を紹介しようと思います。

対策としては

  • 視聴端末に合わせた画質で観る
  • 通信環境の良い所で観る
  • ダウンロード機能を活用する

この3つになります。

視聴端末に合わせた画質を選ぶことは基本的には自動で各VODで行ってくれている場合がほとんどです。ただ、手動操作などで画質を高くしていないかを確認しましょう。スマホの小さい画面で見るのであればSD,HDくらいで画質としては十分だと思います。

通信環境の良い所でみる。これは理想としてはWi-Fi環境、もっと言うなら有線です。Wi-Fi環境があるのが普通になってきていますが、Wi-Fiだとどうしても安定しない場合があります。なので、4K、8Kなどの高画質をより快適に楽しみたいのなら有線で見る方が良いと思います。

最後に紹介するダウンロード機能を活用する方法が、外で高画質を見るのなら一番おすすめの方法になります。最近はほとんどの動画配信サービスで出来るようになったダウンロード機能ですが、Wi-Fi環境で端末にダウンロードしておくことで外出先で少しだけインターネットにつなげることでネット環境がないとことでも視聴することが出来ます。

この機能を使うと、通信量などもほとんど気にすることなく動画を楽しむことが出来ます。ただ、ダウンロードの欠点としては、端末の空き容量がないと出来ないことです。高画質になればなるほど空き容量が必要になります。

同じHDでもVODで画質が違う?

同じHDでも動画配信サービス(VOD)によっては画質に差があると思ったことはないですか?

実は、同じHDだからと言って一概に画質が良いとは言えません。画質の良し悪しを決める要素の中には、ビットレート、コーデックと言ったものがありそちらの違いによって、差が出ています。

同じHDでもそんなに差があるの?って思う方はdtvとhuluの画質を比べてみると一目瞭然かと思います。私もこの2つを比べてハッキリと違いを意識しましたので・・・。

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか?

画質が良いに越したことはないですが、高画質にもそれなりにデメリットがあることは分かっていただけたと思います。といってもテレビの大画面で観るなら高画質であるに越したことはないですが・・・。外出先で動画を楽しむのならダウンロードして持ち歩くようにして入ればの通信環境の影響も受けにくいですし、一度通信制限がかかるとそのあとは、何をしても遅くてストレスになるので、外出前のダウンロードは面倒かもしれませんがコマメに行うことをオススメします。

以上で、「動画配信サービス(VOD)の画質の違いとは?」について終わります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。