周辺機器

FireTVの組み立て、設定とセットアップ方法

FireTVの設定とセットアップについての記事です。

  • FireTVの組み立てが苦手
  • FireTVの設定が分からない
  • FireTVのセットアップが苦手
  • FireTVの説明書を読んでもわからない

こんな方に読んでもらいたい記事になっています。

この記事では

  • 組み立て方からテレビへの接続
  • Wi-Fi設定からセットアップ完了まで

大きく2つに分けて説明します。
ちなみに、環境にもよりますがトータルで30分くらいで出来ます。

FireTVにセットアップに必要なモノ・環境

FireTVを使うときの必要なモノ・環境は3つです。それが

  • FireTV 本体
  • HDMI端子付きのテレビ
  • Wi-Fi環境

これです。

FireTVはFireTVシリーズなら基本的には何でも良いです。このサイトで、というよりも私が使っているのはFireTVstickです。

新登場 Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属
created by Rinker
¥6,555
(2019/11/22 20:03:08時点 楽天市場調べ-詳細)

次に、HDMI端子付きのテレビです。
HDMI端子は最近のものならほとんど付いていると思います。どちらかと言うと、HDMI端子の空きがあるか?の方が問題かも。とにかく、テレビのHDMI端子に空きがあるかを確認してみてください。

Wi-Fi環境が整っているかですが、最近ではほとんどの家庭でWi-Fi環境も整っていますのでコチラも問題はないかと。FireTVはWi-Fi環境がないと使うことができません。

もし、Wi-Fi環境が整っていないのなら、HDMIケーブルで繋ぐ方が良いと思います。

FireTVの組み立て方法(15分)

FireTVの組み立て方法を画像付きで説明していきます。この工程は時間で15分もあればできると思います。

開封しましょう。中には電池を含めて5つが入っています。

FireTVにケーブルの接続をする。

FireTVの箱の中に同封されている説明書では上記のように書かれています。
本体の側面にケーブルを接続します。

まずは、FireTV本体に一番長いケーブルを挿します。

テレビのHDMI端子を挿すところにもよりますが、FireTVをそのまま挿せない場合があります。その時には、付属のHDMI部分の延長ケーブルを使ってください。

また、FireTVへの電源の供給に関せてですが、テレビのUSBが余っている場合はそのままで良いですが、余っていない場合はコンセントから取ることが出来ます。

FireTVをテレビに接続する。

HDMIの方にFireTV本体を差し、もう一方の長いケーブルをUSBまたは、コンセントに接続します。

この時に、HDMIを何番に接続したかによって、実際にテレビでみるとき「ビデオ1」とかが変わるので何番に接続したか覚えておきましょう。

※HDMI端子などはテレビによって裏にある場合や側面にある場合などがあるので注意して下さい。

 

あとはリモコンに電池を入れます。

ここまでが組み立てパートになります。ここまではそこまで苦手と言う方も少ないでしょう。

次のセットアップ完了までは個人差があると思います。

FireTVのセットアップ完了まで!(15分)


FireTVの続きとしてFireTVのセットアップ完了までを紹介します。FireTVを接続したテレビ出力に変更するとこのような画面になっています。

画面の指示に従います

日本語を選択する

Wi-Fi設定を行う

FireTVを購入した時のアマゾンアカウントが関連付けされているのか、「自身の名前のアカウントを使用」、「別のアカウントに変更」から選べます。

使い方の説明のあと、機能の制限設定などを行います。

 

おまけで・・・。

電源の供給を電源アダプターに変更

テレビのUSBで電源を取ると、このようなことが起こるようです。この場合は素直に電源アダプターに変更しましょう。

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか?
FireTVの使うにはこれでOKです。時間にして30分もあれば可能です。一度セットアップしてしまえば、このあとはいつでも簡単に使えます。

最近のFireTVはリモコンで音量も変えられるなど、より快適に使うことが出来るようになっています。

以上で、「FireTVの組み立て、設定とセットアップ方法」の記事を終わます。

新登場 Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属
created by Rinker
¥6,555
(2019/11/22 20:03:08時点 楽天市場調べ-詳細)

最後まで読んでくださりありがとうございます。